スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペットショップで売れ残ったの犬、猫は実は悲惨なことに!?知られざるペットのゆく先は?

ペットショップで売れ残ったの犬、猫は実は悲惨なことに!?知られざる『裏の取引』の実体とは? 動物

みなさん、子犬や子猫などの動物を飼った経験はありますか?
実は日本の動物業界はグレーゾーンが多い業界と言われており、一般の人たちには全く知られていない『ペット業界の闇』の部分があります。


度たびニュースでも話題になりますが、これまでにも政府は飼い主が見つからない場合、動物の殺処分を行ていましたが、欧米諸国に比べて日本の制度がまだまだ後進国であり、問題解決のために動物愛護法の改正により、殺処分を減らそうという動きをしていました。

その成果もあり、世間的にも「それは減らした方が良いだろう」と、意識が行くようになりました。
しかし、それはあくまでも、一部でまだまだ殺処分される動物が多いのが現状です。飼い主が、責任を持って最後まで飼いましょうということだけにすぎないのです。

ペットの処分の一番の原因は実は『ブリーダー』と呼ばれる方たちなのです。飼い主ではないのです。
ブリーダーが、利益のためだけに、商品になるペットを生み出し、大量に子犬や子猫を産ませて販売します。飼い主が見つかったペットは良いですが、売れなかったペットの行く末が
実はとても問題なのです。

現在の日本では飼い主が見つかるほうが、殺処分よりも少ないのが現状です。売れないペットの方がはるかに多いのです。そんな、ペット業界の知られざる実体を迫ってみた。

スポンサーリンク
 

関連記事

動物
スポンサーリンク
シェアする
trendyfestivalをフォローする
トレンド祭り

コメント

タイトルとURLをコピーしました