スポンサーリンク
スポンサーリンク

青葉真司容疑者(42)がこのタイミングで逮捕された理由がこちら…「かゆいよ、痛いよ」

青葉真司容疑者(42)がこのタイミングで逮捕された理由がこちら…「かゆいよ、痛いよ」 話題

青葉真司容疑者(42)がこのタイミングで逮捕された理由

警察は27日朝、スタジオに押し入ってガソリンをまいて火をつけ多数の死傷者を出したとして、やけどの治療を受けていたさいたま市見沼区の無職、青葉真司容疑者(42)を放火や殺人などの疑いで、入院していた京都市の病院で逮捕しました。

身柄はその後、捜査本部が置かれている伏見警察署に移送され、体調を考慮して署内で京都地方検察庁への送検も行われる異例の手続きが取られました。

警察は午前11時すぎから会見を開き、青葉容疑者が調べに対し「間違いありません」と容疑を認め、「ガソリンを使えば多くの人を殺害できると思った」などと供述していることを明らかにしました。

食事や歩行は1人ではできないものの容体は回復してきているということで、取り調べに対しても、落ち着いた態度で応じているということです。

事件から10か月余りがたっての逮捕については、複数の医師の意見などをもとに取り調べができるまで回復したと判断したことや、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されたことも考慮したとしています。

逮捕前の任意の事情聴取に対し青葉容疑者は「自分の小説を盗用されたから火をつけた」などと供述していて、警察は今後、平成以降、最も多くの犠牲者が出た殺人事件の詳細ないきさつについて捜査を進める方針です。

出典:NHKニュース

10カ月余りたっていても、まだ食事や歩行が1人でできないってことは、被害に遭われたかたの中には同じかそれ以上の症状の人もいるってことですよね。

改めて行為の残虐性というか、青葉容疑者がやった事の重大さがよくわかります。

青葉真司容疑者(42)が逮捕された理由は彼を守るためだった?

捜査当局は、入院長期化に伴い、狂信的な京アニファンによる襲撃などを懸念。事件への思い込みや刷り込みが生まれ、「供述が汚染されるリスクも高まる」(別の捜査関係者)と、早期逮捕を模索してきた。

出典:時事ドットコム

もちろん取り調べに耐えうるだけの体調に回復したというのが一番の理由だと思いますが、この側面もあるのだと思います。

特に、今はコロナでピリピリした雰囲気が漂っていますし、報復行動を考える人がいないとは言い切れません。

同じ事件が起こらないよう、容疑者からの供述をしっかりととることが大切なのは理解できますが、何とも言えない気持ちになりますね。

病院内での青葉容疑者の様子がこちら

青葉容疑者は病院のスタッフに対して、当初は趣味の電車の話をしたり、「頑張ります。治します」などと治療に意欲を見せていましたが、最近は「かゆい、痛い」などとたびたび不満を訴え、リハビリにも積極的には取り組もうとしなかったということです。

出典:NHKニュース

人間の性根の部分はそう簡単には変わらないということでしょう。

あれだけの凶行に及んでおいて、なお自分を甘やかすその態度に対して不快感を覚える人が多いのではないでしょうか。

青葉真司容疑者(42)が逮捕された理由まとめ

今回の逮捕によって、ようやく供述を取って、公判が始まってと手続きが進むことになります。

事件がなぜ起きたのか、多くの命が失われたのはどうしてなのかを解明するとともに、責任能力をしっかりと認めて極刑に処して欲しいと思わずにはいられません。

しっかりと責任を認めて欲しいですね

スポンサーリンク
 

関連記事

話題
スポンサーリンク
シェアする
trendyfestivalをフォローする
トレンド祭り

コメント

タイトルとURLをコピーしました