スポンサーリンク
スポンサーリンク

皮まで食べられるバナナが美味すぎてとても話題に!?バナナの価格にも日本中が驚いたその正体はいかに?

皮まで食べられるバナナが美味すぎてとても話題に!?バナナの価格にも日本中が驚いたその正体はいかに? 話題

みなさん、普段バナナを食べるときは皮をむいて食べますよね?今回は『皮まで食べられるバナナ』があると話題になったので、その正体に関して調べた結果を書いていきます。

僕も普段はバナナはよく食べますが、皮を食べる発想はなかったですね。皮まで食べられるバナナのご紹介の前に、まずはバナナの皮の栄養素を見てみましょう!

バナナの皮の栄養

実は、海外の中にはバナナの皮を毎日の食事に活用してダイエット効果を狙う方法が話題となっています。一体どんな栄養素がバナナの皮にはあるのでしょうか?

  • マグネシウム

骨や歯の健康維持に欠かせない成分がマグネシウムです。

  • ビタミンA

免疫力アップ に繋がり、 風邪の対策には必須な栄養素です。

  • ビタミンB6

摂取されたタンパク質の代謝を促し、体内で活用できる状態にしてくれる働きがある

  • ビタミンB12

貧血の症状を防いでくれるのがビタミンB12です。

  • ビタミンC

肌や血管、内臓など体全体の老化をス防いでくれる。

  • カリウム

体内に溜まった余計な水分・塩分の排出を促してくれま、 むくみが気になる人の問題を解決してくれる。

  • 不溶性食物繊維

腸内環境を整える要素で、腸内を刺激することにより腸に溜まった便を押し出すよう促してくれる働きがある。

こうやってみると、バナナの皮にはかなりの栄養素があるんですね!!その話題のバナナがこれ!

皮まで食べられるバナナの正体は、三重県の伊賀市で売られている『ともいきバナナ』です。伊勢安土桃山城下街で、1本877円で販売されているとても高級なバナナです。

約1,000円って。。。高すぎませんかね?w

この『ともいきバナナは』特殊な農法で『凍結解凍覚醒法』という手法で特別に育成されたバナナで、糖度も25度でとてつもなく甘い。そのため、フルーツではなくスイーツという認識の元販売されている。

実は他にも同じように皮ごと食べることができるバナナは生産されているんです。

宮崎にある『NEXT716』

ふるさと納税でも手に入れることができるみたい!

岡山県にある『もんげーバナナ』

まだまだあります!

広島県の『ヒロシマPEACEバナナ』

どこも似たような感じですね。

まとめ

これからどんどん、こういった皮まで食べれるバナナを始め、これまで食べてこなかった部分を食べれる生産をしてくることになりそうですね。でも、1本1,000円よりも、毎日安価なバナナを食べ続けたほうが良い気がするのは僕だけだろうか?

スポンサーリンク
 

関連記事

話題
スポンサーリンク
シェアする
trendyfestivalをフォローする
トレンド祭り

コメント

タイトルとURLをコピーしました