スポンサーリンク
スポンサーリンク

【拡散希望】厚労省担当者の発言が酷すぎる・・・「フリーランスの補償は1日4100円」と発言した理由が……

【拡散希望】厚労省担当者の発言が酷すぎる・・・「フリーランスの補償は一日4100円」と発言した理由がこちら 話題

フリーランスの補償は1日4100円

新型コロナウイルスの感染拡大で政府は臨時休校に伴って仕事を休んだ保護者への支援として、業務委託を受けて働くフリーランスの人にも定額のお金を支援する方向で話を進めています。

しかし、その金額と数字に対してとても批判が殺到しています。

政府はこれまで、事業者の従業員には1日最大8330円の助成を決めていましたが、フリーランスは対象から外れていました。

その批判を受けてなのか、フリーランス保護者に助成することを決めたようです。

しかし、その金額が1日あたり、なんと4100円

少ない!

この1日あたり4100円はどこから出てきた数字なのか。

厚労省の担当者によると、「東京都の最低賃金が1時間あたり1013円で、その4時間分働いていると仮定した。」とのこと。

「なぜ4時間なのか?」

一般的な会社員の実働勤務時間が8時間ですが、なぜ半分の4時間なのか理由を担当者に聞くと、

なぜ4時間に設定したかの根拠は示せないそうです。。。

やばいわ。これはフリーランスを助けるためにも拡散しなきゃ!!

元ソースはここから。

厚生労働省によりますと、新たに助成の対象となるのは臨時休校の要請で子どもの世話をするため委託された仕事ができなくなっているフリーランスの保護者です。支給額は一日あたり一律4100円で、原則、先月27日から今月31日までが対象です。厚労省はこれまで事業者の従業員には一日最大8330円の助成を決めていましたが、フリーランスは対象から外れて批判が出ていました。また、新型コロナウイルスの影響で失業した人がいる世帯に最大月20万円を無利子で貸し付ける特例措置も設けました。

引用先 テレ朝news ]

とりあえず、フリーランスを守るために拡散お願いします!

ネット上の声

サラリーマン公務員には、フリーランスの働き方なんか理解できないのだろう。

フリーターとフリーランスの区別がついていないのでは

フリーランスは大抵専門職だから50万/月はあるはず。低く見積もっても時給換算で3000円~6000円はありますよね。

フリーランスの方が保証もないうえに、この対応はあり得ない。

同じ人間なんだから同じように対応しろ!

まとめ

政府のフリーランスに対しての対応が少し酷すぎますね。

全く保障になっていないです。

ぜひ、我々の発信で政府が考えが変わることを願っています。

スポンサーリンク
 

関連記事

話題
スポンサーリンク
シェアする
trendyfestivalをフォローする
トレンド祭り

コメント

タイトルとURLをコピーしました