スポンサーリンク
スポンサーリンク

コロナ感染者がついに「ゼロ」に!?台湾のコロナ対策を安倍首相は読んで反省すべき…

コロナ感染者がついに「ゼロ」に!台湾のコロナ対策を安倍首相は読んで反省すべき… 話題

コロナ感染者がついに「ゼロ」に!?

現在台湾では、コロナ感染者数が15日連続で「ゼロ」を記録しているそうです。

台湾、経済活動の正常化検討 15日連続で「本土感染」ゼロ

【台北=伊原健作】台湾で新型コロナウイルス対策を統括する陳時中・衛生福利部長(厚生相)は27日、感染拡大が収まってきたため、防疫措置の緩和の検討に入ったと表明した。新規感染者は同日まで2日連続でゼロとなり、それ以前も1日数人程度だった。海外などからの流入を除いた「本土感染」は15日連続で確認されておらず、社会の正常化を模索する。

引用:日本経済新聞

そんな中、ネット上で「台湾在住の日本人記者が書いた記事」が話題になっています。

なぜ、台湾はコロナ感染者ゼロにできたのか

台湾の蔡英文総統は、コロナ対策での迅速な対応から世界から称賛されています。

こうした対応ができたのも、台湾のマイノリティーとしての歴史が関係しているかもしれませんね。

詳細はこちらから

新型コロナ問題で台湾が教えてくれたこと―マイノリティーへの向き合い方でその国が真の「先進国」かどうかが決まる
世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスについて、台湾は徹底的な水際・封じ込め対策で成功している。感染対策がうまくいった背景に、筆者は台湾が歩んできた歴史の全てが生かされた結果だと考える。特にマイノリティーやジェンダー、社会的弱者への向き合い方に表れており、学ぶべきところが多い。

ネット上の反応

安倍政権が国民に寄り添わずこのまま進んでいったら、日本の未来は…

崩壊するね

スポンサーリンク
 

関連記事

話題
スポンサーリンク
シェアする
trendyfestivalをフォローする
トレンド祭り

コメント

タイトルとURLをコピーしました