スポンサーリンク
スポンサーリンク

花粉対策にも応用できるマスク以外のコロナウイルス対策5選がこちら

マスク以外のコロナウイルス対策5選!? 話題

みなさん、マスク買えましたか?

2020 年 2 月 12 日時点における本ウイルスの感染者数は全世界で約 4 万 4 千人、死亡者数 は約 1,100 人となっています。 新型コロナウイルス感染症によりたくさんの犠牲者がでてます。すでにご存知だとは思いますが、まずは、少しだけ新型コロナウィルスのことについて少しご説明します。

新型コロナウイルス感染症とは?

過去ヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。コロナウイルスは人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られています。深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるのは、SARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)で、それ以外は、感染しても通常は風邪などの重度でない症状にとどまります。

どうやって感染するの?

新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかについては、現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。

飛沫感染

感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出し、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染する可能性があります。主な感染場所は学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所と言われてます

接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえるその手で周りの物に触れて、ウイルスが付いたり、別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します 主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなどが挙げられてます。

正直、外出したくないね。

そんな中、このコロナウィルス対策でとても困っていることがあります。

それが、『マスク不足』です。

ネット上でもマスクが買えないことで色々なツイートが挙げられてます。

スポンサーリンク
 

関連記事

話題
スポンサーリンク
シェアする
trendyfestivalをフォローする
トレンド祭り

コメント

タイトルとURLをコピーしました