スポンサーリンク
スポンサーリンク

STAP細胞の小保方晴子(36)現在。グラビア写真集も出していて現在同棲中!?隠し撮りした写真が流出ww

STAP細胞で一躍有名になった小保方晴子さんがメディアに出なくなった後の顔はもはや別人!? 話題

皆さん、あることで一躍有名になった『小保方晴子さん』を覚えているでしょうか?彼女は2014年1月ごろ、刺激惹起性多能性獲得細胞の発見を行い、論文で発表した事で一躍有名になった方です。少し難しい言葉を使いましたが、簡易化すると、『STAP細胞』のことです。このSTAP細胞を発見した小保方さんは研究者ではありますが、実はその外見もかなりの美人。当時は『ノーベル賞級の発見』や『リケジョの星』などと言われ、研究者としてとても注目を集めましたが、その後論文の不正が発覚してしまい、現在は表舞台から姿を消しています

そんな小保方晴子さんですが、あれから5年くらい経った現在、実は顔の雰囲気が別人レベルになっていると噂が入ってきました。一部ではグラビアをしているお話も出てきているので実際にどうなのか調べてみました!まずは、簡単に小保方晴子さんの紹介からしていきます。

小保方晴子さんってどんな人?

名前:小保方晴子(おぼかたはるこ)

誕生日:1983年9月25日

出身地:千葉県松戸市

学歴:松戸市立第六中学校→東邦大学付属東邦高等学校→早稲田大学理工学部応用化学科→早稲田大学大学院→東京女子医科大学の研修生→ハーバード大学に留学

少し前の写真ですが、普通に可愛いですね!! ハーバード大学医学大学院の研究室には約2年ほどいたそうです。そのため研究者としての実力もちゃんとある方です。論文の不正行為や、 刺激惹起性多能性獲得細胞が実際にあることを証明できなかった事で、多くの期待を裏切ってしまった為に悪い印象が強く残ってしまってますが、めちゃくちゃ優秀な女性です。彼女の紹介はこの辺にしておいて、早速話題の姿かこちら。

まさかのグラビアデビュー!!!?めちゃくちゃ雰囲気変わっててたまげたわ!!wwww

元々、とてもお綺麗な方ですが、論文の不正後全く姿を見せないと思っていたら、こんなことしてたんですね。雰囲気が以前よりもさらに大人っぽい印象ですが、正直、名前を変えて出てきたら小保方晴子さんだとわからないレベルですね。他にもこんな写真も・・・

なんだか、憎めない顔です。STAP細胞は偽っても自分のことは偽らないで欲しいです。

もちろん、彼女の軽率な行為でことは起こってしまいましたが、騒動後は相当な苦労されたはずす。ストレスが原因だと思いますが、少し顔が痩せているように見えます。特に顎のあたりがスッキリして更に美人になってますね。 ただ、現在は小保方晴子さんは刺激惹起性多能性獲得細胞論文の不正の後、体調を崩されてうつ病を発症してしまったそうです。そのため、病院に通う時以外はほとんど外には出ていないそうです。しかし、生きていく為に本を書いて出版したり、雑誌に記事の連載をするなど、文筆方面でご活動されているようです。いつか小保方晴子さんが本当に『刺激惹起性多能性獲得細胞 』を発見して研究の世界に戻ってもらいたいですね。これからのご活躍に期待しましょう。

スポンサーリンク
 

関連記事

話題
スポンサーリンク
シェアする
trendyfestivalをフォローする
トレンド祭り

コメント

タイトルとURLをコピーしました