スポンサーリンク
スポンサーリンク

風俗嬢の収入が、コロナ禍で月収200万から15万に転落。メディア取材に苦しい生活を嘆いてみた結果www

風俗嬢の収入が、コロナ禍で月収200万から15万に転落。メディア取材に苦しい生活を嘆いてみた結果www 話題

風俗嬢の収入が激減

風俗やキャバクラといった水商売は、新型コロナウイルスによって大きな打撃を受けた業界の一つです。

仕事柄どうしても濃厚接触が避けられないため、国や自治体から早い段階で休業要請が出ました。

案の定収入が激減した人が続出しているわけですが、その窮状を訴える記事が反響を呼んでいます。

風俗嬢、コロナ禍で月収200万から15万に転落

ソープランドで4年前からキャストとして働くAさん(25)は、「コロナの影響で他のグループ店も本当にお客が来ない。他の店で働いてる子も(客の指名がなくて)ヤバいって言ってた。そもそも店舗が休業してるところもあるし。(性風俗)一本の女の子は本当に苦しいと思う」と厳しい現状を語る。繁忙期の昨年末には12月だけで200万円稼いだというAさんだが、現在はコロナ禍で月15万円ほどに。同業者の中には東京では指名が取れず、食事はカップラーメン1食でしのぎ、地方都市に出稼ぎする女性もいるという。

引用先:livedoor NEWS

ネットの反応

まとめ

普段から質素な生活をしている風俗嬢なら月15万でも暮らせると思いますが、高級な家を借りたりホスト遊びをしたりと高い生活レベルを送っている嬢にとっては、この変化は相当苦しいでしょうね。

もちろん、水商売以外の業界でもこれは同じことが言えるでしょう。もっと生活を追い詰められている方も多いと思われます。

普段から将来のこと考えて生活水準を変えてない人はコロナなんて問題ないと思うけどね

スポンサーリンク
 

関連記事

話題
スポンサーリンク
シェアする
trendyfestivalをフォローする
トレンド祭り

コメント

タイトルとURLをコピーしました