スポンサーリンク
スポンサーリンク

【医療崩壊】コロナに感染した看護師が夜勤させていたその理由があまりに悲惨……

【医療崩壊】コロナに感染した看護師が夜勤させていたその理由があまりに悲惨…… 話題

コロナコロナって本当に大変。そんな大変な状況で、ある看護師が陽性判明後も勤務を継続していたことが23日、市への取材で分かりました。

病院は「代わりが見つからなかった」と説明しているという。

コロナに感染した看護師が夜勤させていたその理由とは

大阪市生野区の「なみはやリハビリテーション病院」(120床)で120人を超える新型コロナウイルスの院内感染が起きた問題で、感染が確認された女性看護師について、病院側が陽性確認後も夜勤をさせていたことが23日、市関係者への取材で判明した。人手不足で代替の要員が確保できず、この看護師は上司の依頼で勤務。既に感染が判明していた患者らの対応にもあたっていた。病院が適切な勤務管理を含む感染防止策を怠ったことを認めたため、市保健所は22日付で行政指導した。

なみはやリハビリテーション病院を巡っては、20代の別の女性看護師が14日に感染確認された。入院患者用に設置されるリハビリ室の利用者を中心に医療スタッフや患者らの感染が相次ぎ、感染者数は既に120人を超えている。院内で大規模なクラスター(感染者集団)が発生した疑いが強いとして、厚生労働省のクラスター対策班が調査を開始。市保健所も直後に立ち入り検査した。

市関係者によると、夜勤をした看護師は20日、PCR検査(遺伝子検査)を受けた結果、陽性と確認された。上司は女性の感染を把握していたにもかかわらず、人手不足で代替の要員が見つからなかったため、当初から予定に組んでいた同日夜の勤務を依頼。女性も了承したため、感染した状態で翌日朝まで勤務を続けていた。

女性は防護服を着用した上で、既に感染が判明していた患者の入院病棟で看護処置などにあたっていたという。

市保健所は調査などの過程で、医療従事者の一人が感染後も勤務を続けているとの情報を把握。こうした病院側の姿勢が院内感染を拡大させた疑いがあるとみて、市保健所は22日、感染症法や医療法に基づき改めて立ち入り検査に入った。

院内に保管されていた勤務記録や、感染者の確認記録を調べた結果、病院側の違反行為が発覚した。病院側は保健所の調査に、「帰宅させようとしたが代わりの看護師を手配できず、やむを得ず勤務をお願いした」と認めたという。

市保健所は22日付で病院を行政指導し、再発の防止を求めた。保健所は他にも同様の違反行為がないか、調査を続ける方針だ。

出典:ライブドアニュース

コロナに感染した看護師が夜勤させていた詳細内容

陽性なのに看護師働かせる 大阪の病院「やむなく」(20/04/23)

医療崩壊だね。

ネットの反応

維新が病院や保健所への予算を大幅に減らし続けていった結果、病院も医療スタッフも減少して、PCR検査でコロナ陽性反応が出た看護師が人手不足を理由に出勤させられるとかもう目も当てられない。

「陽性の看護師を働かせたのは悪い」 これは正しい。でも陽性の看護師を働かせないといけない。それくらい現場は逼迫している。

そんな状況を作り出したのは 我々住民なのではないでしょうか。1人1人 行動の見直しを徹底しましょう。ってそれ、そういうのを「医療崩壊」と言うんじゃないの? 陽性なのに看護師として勤務させるとか、大阪っていったいどないなってんの?

信じられない…当然だれが考えてもダメな判断と思う。けど、そうしてしまうほど追い詰められてるんよね。

この病院批判する人の中に潮干狩り行ったり、パチンコ行ったりしてるような奴がいたら本当に吐き気がするな。

コロナに感染した看護師が夜勤させていた記事まとめ

こんなことさせるとますます医療崩壊になり、コロナ感染者の拡大の原因となってしまいます。

自分の身は自分で守らないとね。

スポンサーリンク
 

関連記事

話題
スポンサーリンク
シェアする
trendyfestivalをフォローする
トレンド祭り

コメント

タイトルとURLをコピーしました