スポンサーリンク
スポンサーリンク

【拡散希望】運転禁止の約束を破った挙句、女子高生を死亡させた川端清勝被告は無罪判決!?衝撃の判決理由が……

【拡散希望】運転禁止の約束を破った挙句、女子高生を死亡させた川端清勝被告は無罪判決!?衝撃の判決理由がこちら 話題

川端清勝被告には過失責任がないとして無罪

2018年1月に群馬県・前橋市で自転車登校中の女子高校生2人を87歳の男性が車ではねて死傷させた事故がありました。

当時無職の川端清勝被告(87)は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われていましたが、今月5日に無罪判決が言い渡されました。

え?無罪なの?

なんでなんで?

事故があったのは2018年1月9日午前8時25分ごろ。

川端被告は運転していた乗用車を暴走させ、高校1年生の太田さくらさん(当時16)をはねて死亡させ、3年生の女子生徒にも一時重体となる大けがを負わせました。

事故が起こった原因について検察側は、急激な血圧低下で意識障害に陥ったとして起訴していました。

事故が起きる以前から川端被告は頻繁にめまいを訴えており、医師や家族に運転を控えるよう注意されていたことや、物損事故を繰り返していたそうなのです。

それゆえ、被告には運転を控える義務があったと検察側は主張していました。

しかし、それにも関わらず判決は無罪

裁判長は検察側が主張する意識障害を事故の原因だと認めた上で、被告は事故前に飲んだ薬の副作用意識障害に陥った可能性が高く、こうした状態に陥ることを予見できなかったと判断。

まじかよ・・・

それに続けて裁判長は、

「事故が起きたのは事実。ただ、被告個人には事故の責任を課せない。この無罪は悲劇を繰り返させないための判決です」と説明。

これじゃ、繰り返すわよ。

出典:上毛新聞社

川端清勝被告について家族のコメントは

亡くなった当時16歳の太田さくらさんの両親は川端被告について、

「謝罪や反省の言葉はなく、反省している様子は全く感じられない。改めて怒りがこみ上げてきた。 とても納得できる判決ではありません運転すべきでない状態の人が運転を思いとどまるきっかけとなるような判決を期待しておりましたので、大変残念です 。」

と憤りと無念さを抑えられないコメントしています。

川端清勝被告の無罪判決ネット上では非難殺到

このあり得ない、理不尽すぎる判決の結果にネット上では非難の声が殺到しています。

無罪はおかしい。

法律が人間を殺し始めてるな

高齢者は免許返納を強制すべき

高齢者轢き殺すと何億っていう金請求されるのに高校生轢くと無罪なんか

矛盾してる。 こんな甘い判決じゃ必ず悲劇は繰り返す。

日本こわい。

川端清勝被告の無罪判決まとめ

こんな判決があっていいのでしょうか?これではますます罪のない人が殺されていきます。

医師の判断を無視している時点でもはや有罪です。

同じことが繰り返されない世の中になるためにも、もっとこの現実を知ってもらいたいです。

スポンサーリンク
 

関連記事

話題
スポンサーリンク
シェアする
trendyfestivalをフォローする
トレンド祭り

コメント

タイトルとURLをコピーしました