スポンサーリンク
スポンサーリンク

広島カープの菊池涼介選手はメジャーの気持ち高まるも、彼が出した決断にファンの反応はいかに?

広島カープの菊池涼介選手はメジャーの気持ち高まるも、彼が出した決断にファンの反応はいかに? 話題

昨年、残念ながら優勝を逃してしまった広島東洋カープ。一番の要因は元カープで現在読売ジャイアンツの丸佳浩選手の移籍だと言われている。そんな広島カープだが、今年も多くの選手がフリーエージェントの権利を獲得していた。ピッチャーの野村祐輔選手や、キャッチャーの會澤翼選手を始め、主力の選手が権利を得た。ちなみにフリーエージェントとは、選手が自分自身で今後どの球団に行こうかを自分で決断ができる権利のことを言います。日本のプロ野球では自分が所属している球団を含めて12球団と契約を結ぶことができる権利のことを言います。このフリーエージェント権には日本に球団と契約をすることができる、『国内フリーエージェント権』と、外国の野球チームも含めて契約を結ぶことができる『海外フリーエージェント権』の2種類が存在してます。国内フリーエージェントの権利を手に入れるためには合計8シーズン、海外のフリーエージェントの権利を手に入れるには合計で9シーズンの1軍での登録日数が必ず必要になります。この権利を今年カープで手にした注目選手がバッターの菊池涼介選手だ。今年の5月11日に国内のフリーエージェントの権利を手に入れるも、ポスティングシステムでのメジャーでプレーすることを夢見ていた。そんな彼の決断について色々と調べてみた。まずは、菊池選手がどんな方なのか紹介していきます。

菊池涼介とはどんな人物なのか?

菊池選手と言えば7年続けて『ゴールデングラブ賞』を受賞している、鉄壁の守備が売りの野手。これまでに数々のスーパープレーをファンに見せてくれた普通の選手なら取れない球も、菊池選手であればアウトにすることができる。2011年に広島東洋カープにドラフトで2番目に選ばれ今日までカープ一筋でプレーしている。 この菊池選手がいることにより、ピッチャーも、打たせてアウトにする戦略を安心して取ることができている。もう少し詳細を見てみましょう。

誕生日: 1990年3月11日(29歳)

産まれ:東京都

身長: 171cm

体重:72㎏

プロ野球選手の中ではとても小柄の方だが、それを感じさせないプレーを日々試合でしている。もはやカープにとって必要不可欠な存在である。

菊池涼介はメジャーへの挑戦結果はいかに?

そんな彼だが、今年フリーエージェントの権利を手に入れ、メジャーの挑戦を球団に伝えた。もちろん、球団として菊池選手が抜けることはとても困るが、広島カープは選手の挑戦を後押ししてくれるとても選手思いの球団であり、菊池選手も挑戦をすることができた。あとは、海外からのオファーがあればメジャーでのプレーが決まることなったのだが、その結果はどこの球団からもオファー来ず。菊池選手は広島カープに残留することになったのだ。海外からの守備力の評価はとても高かったものの、バッターとしての評価があまり良くなかったのがオファーが来なかった理由と言われている。とても残念な結果になってしまったのだが、ファンからたくさんの喜びの声がSNS上で上がっていました。

スポンサーリンク
 

関連記事

話題
スポンサーリンク
シェアする
trendyfestivalをフォローする
トレンド祭り

コメント

タイトルとURLをコピーしました