スポンサーリンク
スポンサーリンク

【必見】「あおり運転」が厳罰化され、ルールを知らないと一発で免許取消しされてしまう…

【必見】「あおり運転」が厳罰化され、ルールを知らないと一発で免許取消しされてしまう... 話題

年々増加する「あおり運転」。これまであおり運転に関しては法的に定義されていなかったが、今回の法改正では通行を妨害する目的での幅寄せや急ブレーキなどの行為があおり運転と規定されました。

こうした行為で危険を生じさせると、最高で5年以下の懲役、または100万円以下の罰金が科されますが、今回はその「あおり運転」に関して記事をまとめてみました。

「あおり運転」はどうのように厳罰化されたの?

これまで、「あおり運転」自体を取り締まる規定が道路交通法にはなく、道路交通法の車間距離不保持や急ブレーキ禁止違反、または、刑法の暴行罪などが適用されてきました。
そこで、令和2年6月に道路交通法を改正し、あおり運転を取り締まる「妨害運転罪」を創設しました。他の車両の通行を妨げる目的で行う車間距離不保持や急な進路変更、急ブレーキなど10類型が「あおり運転」として厳しい取締りの対象となります。

■取締り対象となる妨害運転の典型例

(1)車間距離を極端に詰める(車間距離不保持)
(2)急な進路変更を行う(進路変更禁止違反)
(3)急ブレーキをかける(急ブレーキ禁止違反)
(4)危険な追い越し(追越しの方法違反)
(5)対向車線にはみ出す(通行区分違反)
(6)執ようなクラクション(警音器使用制限違反)
(7)執ようなパッシング(減光等義務違反)
(8)幅寄せや蛇行運転(安全運転義務違反)
(9)高速道路での低速走行(最低速度違反)
(10)高速道路での駐停車(高速自動車国道等駐停車違反)

引用先:https://www.gov-online.go.jp/useful/article/202006/1.html#a3

違反による罰則は、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」が科せられるみたいですが、基礎点数は酒気帯びと同じ25点です。

あたりまえだよ!

また、高速道路上で相手車両を停車させるなど、著しい危険を生じさせた場合は、「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」が科せられます。

基礎点数は35点で、酒酔い運転と同じです。これらに違反すると事故を起こさなくても免許を取り消されることとなります。

もっと厳しくてもいいくらいだわ

ネットの声

まとめ

「あおり運転」が厳罰化されましたが、まだまだルールを知らない人が多いと思います。もちろん、あくまでも厳罰化されただけで、あおり運手が減るわけではないと思います。違反をする相手が悪いですが皆さん危ない人がいたら逃げましょう。

スポンサーリンク
 

関連記事

話題
スポンサーリンク
シェアする
trendyfestivalをフォローする
トレンド祭り

コメント

タイトルとURLをコピーしました