スポンサーリンク
スポンサーリンク

水着美女をゲットできるUFOキャッチャーが話題に!?これはやるしかないwww

水着美女をゲットできるUFOキャッチャーが話題に!?これはやるしかないwww 話題

水着美女をゲットできるUFOキャッチャーが話題に

セガは1965年、筐体を上から覗きながらクレーンを操作して景品を獲得する「スキルディガ」でクレーンゲーム市場に参入。その際の景品はカプセルに入れられた菓子などが使用されていた。

その後、クレーンゲーム機はビデオゲームに押されて衰退の一途を辿った。そんな中セガは、新たなクレーンゲーム機の開発に着手。1985年にUFOキャッチャーの初代機が発売された。当時の景品の上限価格は200円で、その値で用意できる専用の景品が無く、カプセルトイ等が使用されていた。そのため、当初はあまり人気がなかった。

ぬいぐるみが景品に使用されるようになったのは、当時の重役が海外出張の際、検品漏れの物が露店にて格安で売られているのに目を付け、大量に買い付けてきて直営店に卸したのが始まりと言われる。

それ以前のクレーンゲーム機と違い目線の高さに景品が陳列される事もあり、人目を引くようになり、徐々に定着していった。例えばこの時期、ホビーパソコン雑誌に攻略記事が載るなどしている。該当記事には筐体の写真等は掲載されておらず、タイトル・記事内容とも機種名が誤記されているものの、そのくらいのあやふやな情報でも、ゲームセンターの客層には理解できる程度には一般化していた事が伺える。

90年代に入るとアンパンマン等の有名キャラクターを用いた専用景品が数々投入され、大ヒットした。アミューズメント施設の他にもデパートの屋上や高速道路のサービスエリアなどにも設置されるようになり、新機種の開発にはオペレーター(店舗運営者)の意見を取り入れた。

以降、セガ以外の同業他社も同様のマシンで追随。景品も上限価格が300円→500円→800円と上昇し多様化した。また、一般的な娯楽商品だけでなく食べ物や生活用品が用意されるなど、陳列される景品は多様化。以降、アミューズメント施設の定番ゲーム機として定着している。

日本記念日協会は2019年に、6月24日を「UFOキャッチャーの日」に認定した。

美女のキャッチャーは次のページ!

スポンサーリンク
 

関連記事

話題
スポンサーリンク
シェアする
trendyfestivalをフォローする
トレンド祭り

コメント

タイトルとURLをコピーしました