スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼は宝くじで当選した2億円を20年で使い切った。誰にも知られずに失う方法がこれ。

20年間も秘密にしていた宝くじで当選した2億円の使い道に日本中が衝撃をウケた!?② 話題

毎年年末になると行列を作ってまで買いにいってしまう、年末ジャンボ宝くじ。最近ではネットでも購入することができるようになりましたが、皆さんはもう買いましたでしょうか?実はその宝くじを20歳の時に買って、なんと2億円も当たった人物がいるのですが、そのお金の使い方がとても話題になったので紹介していきます。ちなみに、宝くじの高額当選確率はかなり低く、ほぼ当たらないです。2018年の年末ジャンボ宝くじの1等が当たった場合、当選金はなんと7億円だったのですが、1等が当たる確率が2000万分の1でした。パーセンテージに直すと、0.000005%ですが、もはや計算ができませんね。それだけあてるのが難しい宝くじですが、いったいどんな方でどんなことに使ったのでしょうか?早速見てみましょう!

『激レアさん』の番組で紹介された人物とは?

今回の話題の人物の名前はテレビ朝日で放送されているバラエティ番組『激レアさんを連れてきた』で紹介されました。名前は『来栖けい』さんという方で、日本では少し珍しい名字ですが読み方は、『くるす』と呼ぶそうです。来栖けいさんは、たまにテレビ番組にも出演する美食家で、自身の著書名である『美食の王様』と名乗っていますと。しかし、こう名乗れているのは宝くじのおかげだと言われてます。

ちなみに、宝くじは本当に当たる確率が低く、主催者側の取り分は
約50%~55%くらいです。詳しくは下の記事に書いてるので興味ある人は読んでみてね!

パチンコ、スロット、競馬などのギャンブルをするより株式投資や資産運用の方が勝率が良い理由とは?
この記事は『投資とギャンブルが同じもの』と思っている方向けに書いています。

購入した宝くじの場所とは

実は、来栖けいさんは、神奈川県で暮らしていました。もちろん、大学に通っていたので一人で住んでいましたが、ちょうど入学して1年目の時に、なんとなく宝くじを購入したそうなんですが、2億円という大金を当ててしまったのです。購入した枚数は10枚で数字が色々あるタイプ、バラ売りでで購入。購入場所は東京の新橋です。新橋はよく当たる有名な宝くじ売り場があり、『新橋駅烏森口宝くじラッキーセンター』というところなのですが、恐らくここで購入されたのでしょう! 場所は新橋2-16-1JR新橋駅烏森口前なので気になる方は行ってみてはいかがでしょうか?

気になる2億を5年の使い道とは?

スポンサーリンク
 

関連記事

話題
スポンサーリンク
シェアする
trendyfestivalをフォローする
トレンド祭り

コメント

タイトルとURLをコピーしました