スポンサーリンク
スポンサーリンク

ついついいやらしい目で見てしまうレントゲン写真がこちら・・・

ついついいやらしい目で見てしまうレントゲン写真がこちら・・・ 話題

みなさん、ケガをした時に痛いな?って感じたときにレントゲンを撮りますよね?

今日はそのレントゲン写真に写るものついついいやらしい目で見てしまう画像をご紹介します。

レントゲンの歴史

レントゲンは、放電管を用いて「陰極線」の研究をしている時にX線を発見しました。 排気されたガラス管内に陰陽二本の金属電極を封入して両極に電圧を加えると、空気中よりはるかに低い電圧で放電が起こり、管内に蛍光が生じます。この現象は、17世紀中頃からわかっており、多くの研究が行われていました。最初の実験を行ったのは、英国のホークスビー(Francis Hauksbee, 1666頃-1713)であったと言われています。
その後1855年に、ドイツのガイスラー(Heinrich Geissler, 1814-1875) は高性能の水銀ポンプを開発し、真空度の高い放電管を作ることに成功しました。さらに1858年、ドイツのプリュッカー(Julius Pluecker, 1801-1868 )はこの放電管を用いて真空放電の実験をしていて、陰極に向かい合った部分のガラスが緑色の蛍光を発して輝くことに気付きました。また、蛍光を発する場所が磁石を使って移動できることも観察しました。これらのことから、磁石によって影響を受けるある種の線が、陰極から発していると考えられました。

1876年、ドイツのゴルトシュタイン(Eugen Goldstain, 1851-1931)はこの線を「陰極線」と命名して、その性質の研究に着手しました。同じ頃、ヒットルフ(Johan Wilhelm Hittorf, 1823-1931)、 クルックス(William Crookes, 1832-1919)など多くの科学者が、それぞれの放電管(それぞれヒットルフ管、クルックス管と呼ばれます)を開発して陰極線の正体を解明する研究を実施しました。
こうした流れの中、19世紀末の1895年、レントゲン(Wilhelm Conrad Rontgen, 1845-1923)(写真1)によってX線が発見されます。その後1897年、トムソン(J.J. Thomson,1856-1940)によって、X線と陰極線の正体である「電子」が発見され、物理学はミクロの世界に足を踏み入れることになります。

では、早速本題の画像は次のページ!

スポンサーリンク
 

関連記事

話題
スポンサーリンク
シェアする
trendyfestivalをフォローする
トレンド祭り

コメント

タイトルとURLをコピーしました